東京都認可 鍼灸マッサージ保険請求団体

東鍼協について

  • HOME »
  • 東鍼協について

あいさつ

上田たかゆきはり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師を全力で支えます

患者さんのためにともに力を合わせてこの苦難を乗り越えましょう

東京鍼灸マッサージ協同組合は平成11年9月の設立以来、組合員のみなさまが安心して治療ができる環境づくりのために、療養費という医療保険の保険請求支援、職業賠償責任保険の運用、医療用品の提供、各種講習会の開催など必要な後方支援を全力で行っております。まさに治療家を全力で支えるための活動を続けています。

最近は健康保険の取扱いが大幅に抑制傾向となっており、代理受領請求を拒否する保険者が後を絶ちません。しかし、ついに私たちの念願の要求であった、一部負担金のみの窓口徴収で保険取扱いがシステムとして可能となる「受領委任の取扱い」が認められることとなり、早ければ2018年の4月以降実施されることになっています。しかし、決して喜んでばかりはいられません。受領委任払いとセットで持ち込まれる保険者の自由な裁量権をどこまで回避できるのか。まだまだ不透明な状況下に置かれています。“保険を認めるも認めないも保険者の勝手気まま!”という状態は許してはならないということです。

国である厚生労働省は、あはきの保険取扱いを柔道整復と同様の環境に追い込み、その後、現行の柔道整復療養費と同じく「保険者決定の網を被せる」方向を模索しているかのようです。このような方法に決して惑わされることなく、あくまで患者さんに安価でよい医療・満足していただける医療の提供者として、私たち治療家は歩まなければなりません。

私、上田孝之は東鍼協の理事長として、皆さま組合員の治療院経営にあたって少しでもお役に立てますように、職員一同とともに全力で支えていく覚悟であることをここに誓います。
今後とも東鍼協に皆さまの力を結集して、この難局を乗り越えてまいりましょう。

理事長 上田 孝之(元厚生労働省療養指導専門官)

PAGETOP

Copyright © 2009-2017 東京鍼灸マッサージ協同組合. All Rights Reserved.