「緊急事態宣言が発令されました!」

『緊急事態宣言』が発令されました。

世間では「遅きに失した」との非難の声も上がる中での宣言は、経済活動や収入面での大打撃を考えますと、なかなか苦渋の選択であったかもしれませんね。しかし、東京都では昨日2,000人を超える感染者が出た状況から、これ以上の放置は許されない現況となっています。
私が思うには、今回の緊急事態宣言のための予算が5兆円もあり、前回の緊急事態宣言時で使い残した予備費もあるのだから、これらを合わせて惜しみなくバラ撒けば、何とか持ちこたえられると思っているのですが、政府はここでも「出し惜しみ」をするのでしょうか。
新型コロナウイルス感染症が医療提供体制に与える影響は甚大であり、すでに「医療崩壊」の声も囁かれています。患者さんに直に接する仕事を施術として行っている私たちにとっても決して他人事ではありません。
今、最も重要なことは感染拡大を如何に防止するかにかかっており、最優先事項であることは間違いありません。そのためにも、個々人がそれぞれできる範囲内で協力していくことが求められています。
たしかにこの先、治療院経営において、患者さんの激減などで収入的にも不安要素がたくさんあります。それでも、皆さんの英知と勇気をもって、私たち東京鍼灸マッサージ協同組合に結集し、団結してこの難局に立ち向かおうではありませんか。

私も理事長として、この難局の最前線に立って尽力いたします。何かありましたならご遠慮なく、組合員の皆様の悩み事をメールでも郵送でもよろしいですから、是非ともお聞かせください。
皆さん、緊急事態宣言期間を乗り切ってまいりましょう。

東京鍼灸マッサージ協同組合
理事長  上 田  孝 之

 

ご連絡は、下記住所またはメールアドレスまでお願いいたします。
住所:
東京鍼灸マッサージ協同組合
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル8階
メールアドレス:
info@toshinkyo.gr.jp