東京都認可 鍼灸マッサージ保険請求団体

鍼灸マッサージ治療について

  • HOME »
  • 鍼灸マッサージ治療について

鍼灸治療とは

鍼灸治療は金属の細い鍼や艾(もぐさ)を使用し、全身に数百個ある経穴(ツボ)を刺激して身体の不調を取り除く、古来からの伝統的な施術方法です。

健康保険適用について

鍼灸、マッサージ治療は、以下の通り健康保険が適用されます。

鍼灸治療

慢性疾患で、医師による適当な治療手段がないと医師が判断したもの*1。
その他、これらに類似する疾患や、慢性的な痛みのある疾患で保険者が認めたもの。
[*1]
神経痛:坐骨神経痛、肋間神経痛など
リウマチ:手首や膝などの関節が腫れて痛むもの
腰痛症:変形性腰痛症、ギックリ腰(慢性期のもの)など
五十肩
頚腕症候群:頚、肩、腕の痛みやだるさなど
頚椎捻挫後遺症:むちうち症などの後遺症

マッサージ治療

あん摩マッサージ指圧師の施術のうち、医療上必要があって行われたと認められるマッサージ。

・脳血管障害などの麻痺による半身不随
・骨折、手術後の関節機能障害
・関節リウマチによる関節拘縮 など
適応症は一律に診断名によることなく、筋麻痺、関節拘縮等であって、医療上マッサージを必要とする症例

※単に疲労回復や慰安を目的としたものや、疾病予防のためのマッサージなどは保険の対象となりません

健康保険で鍼灸・マッサージ治療を受ける際の注意事項

同意書の有効期間は初療日から約3カ月です。※内容によって1カ月の場合もあります
それ以降も施術を受ける場合は3カ月毎に再度、医師の同意が必要です。
ただし、再度の同意は口頭でも可能です。
同意書は医療機関に備え付けられていない場合もありますので、その場合は、鍼灸・マッサージ院にご相談ください。

※初療の日から3カ月を経過した時点(初療の日が月の15日以前の場合は該当月の翌々月の末日、初療の日が月の16日以降の場合は当該月の3カ月後の月の末日)においてさらに施術を続ける場合には、改めて医師の同意は必要ですが、実際に医師から同意を得ていれば同意書の添付は省略してもかまいません。

健康保険で鍼灸治療を受けている期間は、同一疾患を他の病院で治療することはできません(他の病気の治療は可能)。

マッサージの場合、原則として医師による治療を並行して受ける必要があります。

健康保険以外では、生活保護・労災・自賠責保険も取扱い可能です。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5745-9960 平日9:30~17:30

PAGETOP

Copyright © 2009-2017 東京鍼灸マッサージ協同組合. All Rights Reserved.